naja日記

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

背振大縦走~第1回 sakimonte杯 背振大縦走~ 

脊振縦走



背振大縦走。

JR原田駅をスタート~基山~十坊山~JR福吉駅までを自力で歩く。

総距離73km 累積標高差5,500m(くらい)とも言われる長い長い長いルート。


約一年前、このルートを夜通しソロで歩きとおした。と聞いて(確か29時間くらい)
なんてタフな人なんだろうと。

夜一人で山を歩くの、怖くない?…と聞いた記憶があります。

まぁ、どう考えても私には無理だな。そんな長い距離しかも夜間一人で
体力も根性もないし歩けるわけない
と思っていました。

今回ワインホーゲル部で脊振大縦走のイベントが上がった時、
正直、ダメすぎて参加資格にまったく当てはまらなかったワタクシ。

参加すると言ったとき、主催者は困惑したことだと思います。
自殺か!と言われたくらいですから…
皆で仲良く一緒に登りましょ🎶って山登りじゃないんです。

だけど、どうしても歩いてみたくって。


コンディション的には良いといえない状態でした。
2日間行った試走も全く歩けなくて途中撤退。
精神的にも若干不安定で。

それでもここで行かないと、きっと後悔する。
と、覚悟をもって行ってきました。脊振大縦走。
個人的な日記でございますので
ルートなどの参考にはならないと思います。スミマセン

参加者は6名。
私以外は健脚のツワモノばっかりです(;・∀・)キャー


朝8時、JR原田駅スタート




スタートから脊振山までは一度も歩いたことがなく
しかも九千部山までは道がわかりにくかったです。

ほかのメンバーは飛ぶように先に行ってしまって( ・∇・) ハヤー




とってもとっても優しいイギーさんが励ましてくれてフォローしてくださって脊振山まで行けました。
一人では難しかったと思います。
イギーさんの軽やかな身のこなし憧れます。
私がいなければもっと早く進めたはずなのに本当にありがとうございました。




脊振山手前からどうしても追いつかず、一人で歩く覚悟もできました。
ここから長いソロ歩きが始まります。

17:00すぎ頃脊振山到着

猟師岩山あたりではもう暗くなってました。
あれだけ不安に思っていた夜間のソロ山歩きも
ルートを見つけるのに必死で歩いてると余計な恐怖感はあまりありませんでした。




夜中に降り出した冷たい雨、濃い霧でますますルートは見つけ辛く
もう、必死です( ꒪⊖꒪)

ヘッデンだけでは見つけにくかったため、懐中電灯をつけて踏み跡を探しました。

雨でズルズルに滑りまくる登山道に苦戦し
すぐ横で何か大きな動物の走るすごい足音を聞いたりしましたが(たぶんイノシシ)
意外と冷静に進んで行けました。
あんなに 怖いーと不安に思っていたソロのナイトハイクが
ものすごく冒険してる気がして楽しくなってきて
ものすごく集中してルートファインディングをして、
ものすごくワクワクしながら進んで行きました。
でもめちゃくちゃキツイ!




なんとか12:00過ぎに井原山についた時は、よかったー!ルート間違ってなかったー!と、
ホッとしました。でもまだ半分ちょっとしか進んでませんw
膝が限界を超えてたので鎮痛剤を服用( ・・・)デモイタイ



1:50頃雷山山頂
この辺りもルートがわかりにくいですね。
急登&滑りまくる急下りや、だだっ広く踏み跡が見つけにくいとこもあり
スリル満載でした。というか、命がけでしたw
常に「道迷い遭難」と「滑って怪我」と言う言葉が頭にありました


このあたりから雨の影響かヘッデンが急に暗くなり
替えの電池を入れても明るくならず
しょうがないので懐中電灯だけを頼りに歩きます。
しかし、懐中電灯は明るいだけに電池の消耗が半端ない!
残りの電池もなくなってしまいました。
光の量を思いっきり小さくして電池を節約しましたが
長野峠へ下りる登山道の手前では、うっすらと足元しか照らせないくらいの光に。
とにかく、長野峠の林道までなんとかして下りるしかない。
と、「長野峠までは確か右側に登山道がついてたはずー」くらいの感じで( ꒪⊖꒪)コワイヨー
必死で踏み跡を探して、時間がかかってズルズル滑り転けながら
なんとかなんとか長野峠まで下りました。
無事林道に出れたのは奇跡としか言いようがありません。めっちゃ集中してヘトヘトでした!

ヘッデンが暗いまま、ただでさえルートがわかりにくく急登な羽金山に登るのは危険と判断し、



まっくらな長野峠で朝待ちビバーク~


目の前にカエルさんが。
コレは食べ物なのだろうか?と、じーーっと私を見つめていました。
真っ暗な長野峠でちっちゃく丸まって、雨に打たれながらカエルさんとお話しするオンナ( ꒪⊖꒪)コワイ

傘、エマージェンシーシート、シェラカップと固形燃料、カイロ、フリース厚手&薄手の2枚。
これがなければ寒くて寒くて朝を迎えられなかったかも。
3時間くらいですが、とてつもなく長く感じました。
気が遠くなるくらい眠いのに寒くて一睡もできませんでした。

4時くらいにトレランの3名さんに会い、びっくり&ホッとしました。
しばらく色々お話して
写真撮っていいですかー?と有無を言わさず写真を撮られる(;・∀・)メズラシインダッテー
その写真…絶対公開しないでくださいね…もしこれ見てたら写真クダサイヽ(;▽;)ノ
人生史上、もっともかわいそうに見える写真だと思いますw

朝がこんなにこんなに待ち遠しかった夜はありませんでした。
雨の降り続ける暗い空が、うーっすらと明るくなってきた時の嬉しかったこと。
もうちょっと明るくなるまで震えながら耐えて、
羽金山超ズルズル超急登スタート!
ビバークで体温を奪われたのか、濡れた衣類を着ているからか
どんなに登っても体が温まりません。
羽金山、容赦なくてつらかった…


このあたりではさすがに疲れが出て、
時折気が遠くなって転けたり、どこ歩いてるかわからなくなったりで
地形図とコンパスとGPSで確認しながらフラフラしながら進みました。

羽金山から荒川峠、ほんとに長かった…(´;ω;)
羽金山ー女岳が一番精神的に辛かったです。

ガクガク震えながらなんとか11:30女岳山頂に到着!

ほんとにほんとにほんとにほんとにきつかった。

しばらく放心状態。
あと、新谷峠におり浮嶽と十坊山だけなんです。
あと山頂は2つ!

なのに体が冷えて全く動きません
このまま行ったら下山できないかも…
余力はほんのちょっぴり。
しばらく悩んだ後

ここで撤退を決めました。
ログが取れなかったのでどのくらいの距離がわかりませんが60キロチョイでしょうか。
27時間不眠で歩き続けました。(ビバーク3時間してるけど)


もう十坊山まで行けなかったのが悔しくて悔しくて
ワンワン泣きながら真名子に下山しました。

完走率33.3%と想像以上に過酷で壮絶だった第一回目の脊振大縦走はこのように見事に撃沈してしまいました。
ダメダメなりに、私なりに精一杯
がんばったんですがダメでした。
今、思い出しても泣けてくるんですけど

一日たつと
ほんとにすごくすごく辛かったこととか緊張したこととか怖かったこととか必死だったこと全部が

とっても楽しく思い出されて

また行きたくなってるのが不思議です。

ソロナイトハイク、クセになりそう。と言ったsakiさんの気持ちが
私が言うのも図々しくて申し訳ないんですが、ちょっとだけわかった気がしました。

てっちゃん、一緒に参加できなかったてっちゃんの分まで頑張りたかったのにゴールできなくてごめんなさい!
メイちゃん、中西さん完歩おめでとうございます!尊敬します!
イギーさん、ほんとにありがとうございました。優しくて大好きになりました。
まぃまぃ いっぱいお世話になっちゃって、走って迎えに来てくれて本当にありがとう。
けんたろ ほんとにほんとに心配おかけしてごめんなさい。厳しいこと言いつつも、いつもわがままを聞いてくれてありがとう。

関わったすべての方と脊振の山々に感謝。

私にはスピードと体力があまりにもないことを痛感したので
もっともっと努力しようと思いました。

ちょっとだけ度胸はついたかな?

完歩できなかったけど
また目標ができました。
次は絶対絶対、ソロで十坊山まで行く!
スポンサーサイト
trackback: -- | comment: 2 | edit

屋久島冬季ソロ縦走敗退 

皆さまあけましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いいたしますm(__)mペコリ

屋久島に年越山行にいってきました。
今回はパートナーが決まらず、
初めての冬季屋久島だったので計画をすぐに変えられるように(撤退できるように)ソロで行く事にしました。
初冬山&初ソロ
ヘナチョコゆるふわハイカーの私にしてはかなりの冒険です。

ルートは
白谷雲水峡ー宮之浦岳ー淀川登山口下山、小屋泊です。

31日、いつものようにしげさんとあけみちんに白谷雲水峡まで送ってもらい(アリガトウアリガトウ)
しょっぱなからウールの厚手のグローブかたっぽをよろん坂に落っことしてきちゃって( ꒪⊖꒪)ジブンガシンパイ

きっとしげさんもあけみちんも一人でダイジョブだろうかと思ってただろうなー
いつもいつも心配かけてゴメンナサイ。

IMGP0004.jpg
スタート時の白谷雲水峡はこんな感じ。7時スタート。


IMGP0012.jpg
かなりゆっくりペースでトコトコのぼる。
苔むす森にも雪が降ってました。

辻峠で男女ペアに会う。私達新高塚小屋に泊るのよーと言っていたので、
女性がいるなら私も新高塚小屋に泊ろうかなーとしばしお話して。
二人は先へ、私は太鼓岩に向かいました。

8時半太鼓岩のてっぺんに。

立った瞬間号泣w

IMGP0020.jpg
はじめて見た雪の積もった姿!感動ーー!!
最初、太鼓岩で終わりでもいいかなーとか思ってたんですがw
これ見て俄然行く気になりました。あのてっぺんに行ってみたいー!

うるうるしながら楠川分れまで下ります。

IMGP0026.jpg
トロッコ道も所々雪が積もってた。

IMGP0030.jpg
11:00ウィルソン株着。
一組パーティーがいましたがすぐ移動したので貸切でした。

IMGP0046_20140105213200a1d.jpg
12:00縄文杉着。久しぶりです縄文じいさん。
最初一人でしたが後から来たパーティーに写真を撮ってもらいました。しばし休憩ー

ソロで登ってると色んな人が話しかけてくるんですねー。
オンナノコが一人で冬山に登っちゃいかん!と言われましたww

IMGP0048_20140105213626ae1.jpg
途中、この鹿さんに威嚇され先に進めなくなり
ちょうど休憩所のところだったのでガイドさんやお客さんに助けてもらいました。
かーなりコワカッター(づωー。)動物ニガテ もう撤退するしかないかと思いましたww
突破するのにかなり時間がかかりました( ꒪⊖꒪)難所でした!鹿がキライになりましたw

IMGP0052_20140105213625cb1.jpg
12:45 初めて見た新しい高塚小屋。やっぱキレイー。
一人男性が泊まってたので(´・ω・`)ウーンと考え
新高塚小屋へ進むことにしました。

ここから先はトレイルクランポンを付けて進みます。

IMGP0055_2014010521362449c.jpg
見たことない景色に感動しまくり。

そして容赦なく落ちてくる雪爆弾に攻撃されながら(溶けて落ちてくる)
雨具を着ててもびしょびしょになり。

晴れてても雨でも濡れるんだなー(´・д・`)ハフ




IMGP0057.jpg
新高塚小屋になかなかつかないなー。やっぱ雪道は進まないなー

ふと足元を見ると左足のクランポンがないっ( ꒪⊖꒪)

( ・∇・) エート  どっかで落とした。
2秒考え元来た道をトコトコ下る(づωー。)ワーンワタシノバカー

かなり下ったところで

IMGP0058.jpg
発見されたトレイルクランポン。

そしてまたまた登る(づωー。)ワーンメンドクサーイ

IMGP0061.jpg
14:10 高塚小屋着
付いた時には空きがあったんですが、時間がたつにつれ小屋はいっぱいに。
あの男女ペアは結局来ませんでした(´・_・`) アレー?
まわり全部男性でしたが、お話しながらワインを飲んで8時には就寝。
とにかくあったかくて(暑くて)防寒着を全部脱いで、ネズミが出ないように祈りながら
ボッチ年越しでしたが、マル秘爆笑動画を見ながらひとりシュラフの中でケラケラ笑いながら寝ましたwww

あっさりと新年があけまして
IMGP0062_201401052156074bc.jpg
6:30新高塚小屋スタート。
暗い森の中を一人テクテク歩くけど不思議と怖くありませんでした。

それより小屋の周りでもびゅぉーびゅぉーって風の音がするんですけど( ・∇・) 昨日こんな音してなかたー


IMGP0063.jpg
風で揺れる樹氷

IMGP0065_20140105215605543.jpg
登って行くとどんどん雪が深くなって

めっちゃ寒かったけど感動(´;ω;)ナイタ

IMGP0067_20140105215603c20.jpg
それにしても湿った重い雪。
前日小屋に干してた雨具も服も靴も乾いてなくてどんどん体温を奪われます。サムイ

樹林帯を抜け稜線に出ると風が一層強まります。
ひとりぼっちで、真っ白で前も後ろも見えないし、
雪が飛ばされトレースが良く見えません。
しかもみんな迷うのかトレースがいっぱいあるー(´;ω;)
コレ、迷ったらオウチに帰れないなー怖いなーと
独り言言いながら

平石岩屋、平石まで行ったのですが、
風がすごく強くなり、斜面に吹っ飛ばされた時は落っこちると思いました。
ヘタレな私はそれ以上先に進めませんでした。
ここで撤退を決定。
山頂に向かってる若い男性もいたのでツッコんで行ったら行けたのかもしれないけど
吹っ飛ばされたダメージって結構大きかった。コワカッタ

泣きながら下山しました(´;ω;)ヘタレデクヤチィ


白谷まで戻ろうかと思いましたが
違うとこ通ろうと荒川登山口まで下山。


IMGP0078.jpg
14時荒川登山口着。

初冬山&初ソロ縦走は
あえなく撃沈してしまいました。
今回もよく泣いた屋久島でしたw
いい経験でしたー

反省点はめちゃくちゃいっぱいありすぎるけど
雪の中を一人で好きなように歩けるのは
楽しかった!冬山コワイ!と思ったのも楽しかったー
楽しかったー楽しかったなー

また行きたい。リベンジガンバリマス(๑・∀・๑)エヘ
今年の年末も行きたいなー

今年も地味にマイペース&ゆるふわで頑張ります。
どうぞヨロチク♪

trackback: -- | comment: 0 | edit

ゆるふわ朝駆け&なぢゃらし 

ちゃこまと朝駆けに行ってきました。朝駆けは本当に久しぶりです。

牧ノ戸の満天の星空に感動し、スタート。
ゆっくりゆっくりのペースで登って行きます。

くじゅう避難小屋で休憩。のんびりしてたら外は強風&ガス( ꒪⊖꒪)エーー
多少テンションを落としながらw天狗さんの予定でしたが、久住山に登ります。




キタキタキタキタ!(☉∀☉)


強風でガスがものすごい速さで流れて行きます。


立ってるのもやっとww


お日様見えたーー!感動。



髪がメデューサみたいになってます。
とにかくさむい!北アルプスにいたちゃこまが寒い!!って言うくらいだからやっぱり寒いww
アイポンが強制終了しちゃうくらいの気温でした( ꒪⊖꒪)-5℃くらいプラス強風


早々に山頂を離れ御池を目指します。
凍ってるかな~?歩けるかな~?



ひさびさーー!!凍ってるーー!!

ザックをポーイと置いて
ワーーーーイ.+゚ヽ(o`・∀・´)ノ.+゚と駆け出し



すてーんとこけたとこ( ꒪⊖꒪)イタイ 爆笑された


朝日と今季初なぢゃらし。


シアワセ。
御池もかなりの強風で風におされてひっくりこけたりと大変でしたが
キレイで本当に楽しかったです。
買ったばかりの手袋、飛ばされちゃったけどね…( ᵒ̴̶̷̣̥̀ω​ᵒ̴̶̷̥́ )ドコー?ぅぅぅ

晴れたキレイな景色を見ながらのんびり下山しました。



ちゃこま、誘ってくれてアリガトー♡
ずっとぺちゃくちゃおしゃべりしながら登れて、本当にすごく楽しかった!!
朝日も御池もキレイだったね♪また行こう!

trackback: -- | comment: 0 | edit

初冬大崩 TDK 

いつもの3人TDKで大崩に行ってきました。

今回のルートは
祝子川登山口ー吐野から瀬戸口谷を登って黒岩滝のところから
1393のピークへ行き、尾根を下って金山谷のテン場。





下のほうは紅葉がすごくキレイでした!




大崩は今日もやっぱりかっこよかった。





遭難騒ぎがあって登りはヘリが飛び回っていました。出発前、遭難救助隊の方に色々と話を聞いてたらチョイ時間がかかりました。(無事下山されたようでなによりです)




大崩は沢が本当に美しいです。
天気がよくてキラキラしてた。



吐野からすぐの瀬戸口谷を登る。
地図には迷いやすいと書いてたけど、そんな感じはしなかったです。
緩やかでとっても登りやすい沢。お魚がたくさんいました。
支流を見つけれれば大丈夫(๑・∀・๑) ←最後の支流を見逃した人w
ピンクテープはほとんどなかったです。


へつる男。
私とメイちゃんはマキマキしました。


地図を見ながら1393を目指す。お天気最高!テープはモチロンありません。
葉っぱが枯れてて展望がいいのでピークを目視できます。
登りが地味にキツイ…ww

やっとピークにつき、そこから尾根を伝って金山谷のテン場を目指します。
ピッタリテン泊予定地につけたらミラクルだよねーって言ってたら…
ほぼ、ビンゴでしたw
ミラクルー!

寒がりホダプンは


へんないきものに変身ww
(自称妖精)


大好きな2人と一緒に大好きな秘密基地にテン泊。シアワセ



できるツヨツヨの2人。(☉∀☉)いつもアリガトウ。


モチダ谷は今日も青くてキレイだったー♪大好き!

地図を見ながら、道なき?道を行くのがとっても楽しかった。
藪たんもほとんど下の草が枯れてたから、登山道かと思うほど楽ちんでした。
(登山道ではありませんので十分お気を付け下さい)


ホダプン、メイちゃん、いつも一緒に行ってくれてアリガトウ。
本当に感謝です。3人ズは楽しい!
また一緒に行こうね!次はどこに行こうかな♪

trackback: -- | comment: 0 | edit

屋久島縦走2泊3日 花山歩道ー花之江河歩道 Day3 

かなりの強風で寝たのか寝てないのかわからないまま朝。
3日目スタート!
5人で花之江河まで向かいます。


黒味岳分岐で見た光


晴れた花之江河は初めてー!
いつもガスガスだったのでw

ここで3人とはお別れです。
私とメイちゃんはここから花之江河歩道を通ってヤクスギランドへ下山します。
バイバーイ!アトデネー!と元気よく別れて




まずは石塚小屋に到着。この辺りからガスってきてましたね。
ここで偶然会ったヤクスギランドから登ってきたおじさんが、
このルートがめっちゃキツイ!と弾丸のように話されて…

そんなにきついルートなんかな?(´・ω・`)まぁ渡渉点は問題ないみたいだから行ってみよう。
とテクテク進みました。


晴れたりガスったり。展望台では空は明るいけどまっちろでした。



花之江河歩道は部分的に荒廃してる箇所があり注意。と地図には書かれてますが
あまりそんな感じはしませんでした。

少なくとも大崩よりはピンクテープがすごく親切についてるし、
アレ?ってなったら戻ってキョロキョロしたら見つかります。



アップダウンはありますが、快適なとても素敵な登山道だったと思います。
ヒルがいっぱいいると聞いてたのですが全く見ませんでした。


渡渉点もなんなくクリア。



そして感動だった大和杉との出会い。
ほんとに生き生きとして立派な杉でした。


かなりいいペースで歩けて気持ちがよかった!



お昼すぎにヤクスギランドに到着。
ここから階段がちょっと大変でした…なめちゃいけないヤクスギランドw

無事下山することができました。
楽しかった!ホントに楽しすぎた2泊3日でした!
よく歩いたねw



無事生還ぱーちーをよろん坂でして、生ビールが最高においしかった!
宴会して次の日帰る予定だったのですが…


台風きちゃってトッピーもフェリーも欠航。飛行機は満席。
もう一日屋久島に滞在して観光してましたw



台風が去って行ったあとの夕陽が泣けるくらいキレイでした。

本当に本当に楽しかった屋久島縦走。
メイちゃん一緒に行ってくれてアリガトウ。
ほんとに頼りになるパートナーでした。よく泣いたねww
来年もガンバロウ!

感動と思い出がいっぱいの冒険になりました。

あけみちん、しげさんいつもアリガトウ。
またすぐ帰るからね。
いつも行くたびに屋久島が大好きになるけど
今回もやっぱりまた屋久島が大好きになりました。
今すぐにでも帰りたい。
trackback: -- | comment: 0 | edit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。