naja日記

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

extraordinary genius 

朝、マイケル・ジャクソンの葬儀の様子を見て、
11歳の娘さんが
『Ever since I was born, Daddy has been the best father you could ever imagine.
And I just wanted to say I love him so much.』
とやっと言っているのを見て。(合ってる?)

同じくらいの娘を持つ親として、しかも同じように「親が一人」である家庭の親として、
やっぱ泣けましたわ。

血が繋がっていようがいまいが、彼はりっぱな父親だったのでしょうね。
彼女の言葉がすべて物語っているような気がします。
彼女を表に出すことは遺族もかなりの決断だったのでは。
どうしてもパパに愛してると伝えたかったのだろうと思いました。


子najaに、「もしママが死んだらどうする?」
と聞いてみたところ
「朝からそんな嫌な話せんで~。
ママ死んだら、子naja、もう生きていけん。ママは死なん!」

と言い切りました…
いや、それじゃ困るのだよ。

ママだっていつか絶対死ぬのだから。

幼い子を残して逝ったマイケルの無念を思うと心が痛みます。

エンターテイナーとしては不世出の天才の名をほしいままにした彼ですが
最後はただの父親として旅立てたのではないでしょうか。

参加アーティストも豪華でしたね。
スティービーワンダーの歌声にしびれました。
MJの影響力の大きさに今更ながら驚きました。
いったいどれほどの人に影響を与えたのでしょう?

準備期間もなかっただろうに、この演出、さすがエンターテイメントの国だなぁと思いました。
でも、娘さんの言葉に涙が出たのは、演出感が全くなかったからかもしれません。
そして本当に死んじゃったんだな…と。

I'm gonna miss you.MJ.
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://naja1220.blog85.fc2.com/tb.php/26-a16f1413
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。